巨匠湯呑店

北大路魯山人 「染付藁手湯碗」


  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の全面写真
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の飲み口
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の見込み
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の高台
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗のサイン
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の箱書き
  • 北大路魯山人の染付藁手湯碗の共箱
  • ※詳細画像はページ下部にございます。


北大路魯山人 「染付藁手湯碗」

(H 10.5cm × W 8.3cm)
未使用と思われる 美品
初代陶々庵の識箱 「北大路魯山人先生 遺作之内 陶々庵 初(?) 識」

明治16年(1883) 京都にて生まれる。
  37年(1904) 日本美術展覧会に、隷書の千字文で一等賞受賞。
大正 元年(1912) 看板・篆刻・習字塾などを始める。
    4年(1915) 山代温泉の須田菁華窯にて染付や赤絵を試みる。
  10年(1921) 会員制「美食倶楽部」を発足。
  14年(1925) 星岡茶寮始まる。
昭和  2年(1927) 荒川豊蔵を鎌倉に招く。魯山人窯芸研究所星岡窯発足。
    8年(1933) 「星岡茶寮」の書道談話会にて黒田領治(初代黒田陶々庵)と出会う。
  10年(1935) 黒田領治が「黒田風雅陶苑」(現在の銀座黒田陶苑)を創業。
         魯山人の陶磁器の専売店として始まる。看板「風雅陶苑」は魯山人による篆刻。
  30年(1955) 重要無形文化財指定の勧めを断る。
  34年(1959) 76歳で逝去。

【 出品者のコメント 】
大振りの湯碗ということと藁手の描き方からして、一品物としての作陶と思います。
初代・黒田陶々庵の墨蹟から見て「領」の識印を押した後に「先生」を付け加えたと思います。
「親しき中にも礼儀あり」 親密さが感じ取れました。
「遺作之内」「陶々庵 初識」とありますので昭和34年没後近々の箱書きと思われます。
懇意にしていただいておりました銀座の黒田陶苑にて頂戴いたしました。

作品に関するお問い合わせ、ご相談はマッジョーレ美術までお願い致します。 お問い合わせページはこちら

  • 配 送 : ( ゆうパック/セキュリティパック )
  • お支払 : 銀行振込(みずほ銀行・ゆうちょ銀行)
  • ※ 配送料(実費)と振込手数料はお客様負担でおねがいします。

ご注文・お問い合わせ

巨匠湯呑店 (販売代行:マッジョーレ美術)

注意事項をご確認の上、ご注文お願いいたします。
マッジョーレ美術のお問い合わせはこちら

北大路魯山人の染付藁手湯碗、詳細写真