楽茶庵

小山冨士夫 「粉引茶碗」


  • 小山冨士夫の粉引茶碗


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の拡大


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の飲み口


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の見込み


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の高台


  • 小山冨士夫の粉引茶碗のサイン


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の全体写真


  • 小山冨士夫の粉引茶碗の共箱


  • ※詳細画像はページ下部にございます。


小山冨士夫 「粉引茶碗」

(H 8.1cm × W 15.4cm)
未使用もしくは未使用と思われる美品
共箱

明治33年(1900) 岡山県に生まれる。
昭和元年(1926) 真清水蔵六に師事。朝鮮・中国へ旅行後、京都にて作陶を始める。
    2年(1927) 石黒宗麿と親交をもつ。
    5年(1930) 石黒宗麿と二人展。
  21年(1946) 日本陶磁協会発足、理事就任。
  34年(1959) 文化財保護委員会事務局 無形文化課文化財調査官に就任。
  36年(1961) 永仁の壺事件で文化財保護委員会事務局を辞職。
  42年(1967) 日本工芸会理事長就任。
  46年(1971) 勲三等瑞宝章受章。種子島にて作陶。
  47年(1972) 土岐市に花の木窯を築窯。
  50年(1975) 75歳で逝去。

【 出品者のコメント 】
粉引茶碗の名品と思います。
一目で古山子の作とわかる高台と、左右も上下も不均衡な造形の崩し方がとても気に入りました。
独特な形ではありますが、特に主張するようなところがなく、長く飾っておいても全く気にならない作品です。今後を委ねたいと思います。よろしくお願いいたします。

作品に関するお問い合わせ、ご相談はマッジョーレ美術までお願い致します。
※ お支払い後に出品者からお取り寄せとなります。
また、保険手続きもありますので納品までに約1ヵ月かかりますことをご了承ください。 お問い合わせページはこちら

  • 配 送 : ( ゆうパック )
  • お支払 : 銀行振込(みずほ銀行・ゆうちょ銀行)
  • ※ 配送料(実費)と振込手数料はお客様負担でおねがいします。

ご注文・お問い合わせ

楽茶庵 (販売代行:マッジョーレ美術)

注意事項をご確認の上、ご注文お願いいたします。
マッジョーレ美術のお問い合わせはこちら

小山冨士夫の粉引茶碗、詳細写真