楽茶庵

楽覚入 「酒盃」


  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の共箱
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の2枚目
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の3枚目
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の見込
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の見込の2枚目
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の4枚目
  • 14代楽吉左衛門・覚入の楽ぐい呑・酒盃の5枚目
  • ※詳細画像はページ下部にございます。

楽覚入 「酒盃」

(H 3cm × W 5.5cm)
目立った傷無し
共箱

十四代 楽吉左衛門・覚入(当代は十五代)
大正  7年(1918) 惺入の長男として生まれる。
昭和15年(1940) 東京美術学校(藝大)彫刻科を卒業。
  20年(1945) 終戦後帰国し、十四代吉左衞門を襲名。
  55年(1980) 61歳で逝去。

ご存知の通り楽焼は桃山時代(1573~1615)の初め、長次郎によって始められたものです。
轆轤を使わず歴代の楽吉左衛門が一貫して個人の感性により作陶されてきました。
楽は柔らかく、使うための器であるため古いもので状態のいいものは少なくなってきています。

お茶事に使われていたと思いますが、特に傷などなく状態はいいと思います。
楽茶庵さんの希望価格は下記のように伺っております。
作品に関するお問い合わせ、ご相談はマッジョーレ美術までお願い致します。 ¥133,000(税込・送料別)

  • 配 送 : ゆうパック・ヤマト運輸
  • お支払 : 銀行振込(ゆうちょ・みずほ銀行)
  • ※ 配送料(実費)と振込手数料はお客様負担でおねがいします。

ご注文・お問い合わせ

楽茶庵 (販売代行:マッジョーレ美術)

注意事項をご確認の上、ご注文お願いいたします。
マッジョーレ美術のお問い合わせはこちら

14代楽吉左衛門・覚入のぐい呑の詳細写真