道楽堂

西岡小十 「朝鮮唐津茶碗」


  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の飲み口
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の見込
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の高台
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の全面
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗のサイン
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の見所
  • 西岡小十の朝鮮唐津茶碗の共箱
  • ※詳細画像はページ下部にございます。


西岡小十 「朝鮮唐津茶碗」

(H 7.6cm × W 13cm)
未使用もしくは未使用と思われる美品
共箱(汚れ有) 二重箱

大正6年(1917)   佐賀県唐津市に生まれる。
昭和28年(1953) この頃から唐津古窯跡の発掘調査。
  46年(1971) 小山冨士夫の指導による小次郎窯(割竹式登窯)を開窯。
  50年(1975) 古唐津陶片展および初個展を姫路の百貨店にて開催。58歳。
  51年(1976) 荒川豊蔵が来窯。
  56年(1981) 小十窯(登窯)を築窯。
平成18年(2006) 89歳で逝去。

作品の見込からほぼ全面にオレンジの発色が見られます。
これは焼成時に土中の鉄の成分が窯変したものです。
さらに藁灰釉の青が各所に見られ、これほど見事に出色したものは稀です。
釉垂れも高台の削りの手前寸前できっちり止まっています。
土色の変化と釉薬のコントラストが深みを与え、丁寧な削りが締まりのある高台を生み出しています。
土と炎の偶然と作家の感性がこの作品を生み出したといえるでしょう。

作品に関するお問い合わせ、ご相談はマッジョーレ美術までお願い致します。 お問い合わせページはこちら

  • 配 送 : ヤマト便
  • お支払 : 銀行振込(みずほ銀行・ゆうちょ銀行)
  • ※ 配送料(実費)と振込手数料はお客様負担でおねがいします。

ご注文・お問い合わせ

道楽堂 (販売代行:マッジョーレ美術)

注意事項をご確認の上、ご注文お願いいたします。
マッジョーレ美術のお問い合わせはこちら

西岡小十の朝鮮唐津茶碗、詳細写真